MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ブログは死なず。“ブーム”から“成熟”に至ったブログ広告記事サービス

2010/09/27 11:00

 ソーシャルメディアが新たなマーケティング活動のプラットフォームとなり、TwitterやUstreamなどを使ったプロモーションが日々メディアをにぎわせている。一時期話題を集めたブログを活用したマーケティングは、今ではすっかり隅に追いやられた感があるが、実は広告記事を展開する先として、ブログを利用する企業のニーズが高まってきているという。2周年を迎え、都内で盛大なブロガーイベントを開催するなど、勢いに乗るブログタイムズ。不景気にもかかわらず、案件数が増加している同サービスの担当者に話を聞いた。

着実に地歩を固めるブログ広告記事サービス

 北は北海道から、南は九州まで。株式会社PR TIMESの運営するブログ記事広告サービス「ブログタイムズ」が、全国のブロガーを一堂に集めて盛大に2周年記念イベントを開催した。イベントに参加したブロガーの数はおよそ80人。遠方からの参加者も含まれていたが、何とその交通費の一部を主催者負担するという大盤振る舞いだ。

この日、ブログタイムズの新ロゴマークを決める参加者投票も行われた
この日、ブログタイムズの新ロゴマークを決める参加者投票も行われた
料理からパソコン関連まで幅広いジャンルのブロガーが終結
料理からパソコン関連まで幅広いジャンルのブロガーが終結

 ブログタイムズは、ブロガーに記事広告を書いてもらうことで、広告主の商品・サービスを訴求する広告サービス。サービス開始当初、ブロガーに支払われる報酬の高額さから話題を集めたので、記憶に残っている方も多いのではないだろうか。

 ソーシャルメディアを活用したプロモーション手段としては、最近ではTwitterが注目されている。ブログも一時は脚光を集めていたが、世間的に見ると注目度が相対的に落ちてしまっているのは否めないところだろう。

 だが、ブログタイムズを利用する顧客からの評価は着実に高まっているという。現在走っているブログ広告企画の数は、半年前と比べて1.8倍。成果につながることが認められ、リピート客も増えてきているようだ。

 なぜ、ブログタイムズのブログ広告企画は支持されるようになってきたのだろうか。そこから、ブログ記事広告の現状を探ってみよう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5