MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「スマホ派」と「PC派」でSNS利用はどう違うか【博報堂調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2012/08/20 15:45

 博報堂DYグループ・ソーシャルメディア・マーケティングセンターは、 Twitter・Facebook・mixiいずれかを週1日以上利用する男女を「PC派」と「スマホ派」に分けて調査・分析を行った。

PC派は男性ビジネスマン、スマホ派は若者中心

 今回の調査では、「PC」「スマートフォン」のうち、どちらをメインに使用しているかという観点から、利用者を“PC派”“スマホ派”のふたつに分けて分析している。

 “PC派”(ソーシャルメディアを主にPCで利用する層)は、ソーシャルメディア利用者の6割を占め、30~40代の男性ビジネスマンが中心。夜帰宅後ソーシャルメディアを利用し、ほぼ毎日利用する人は6割。Facebookの「いいね」利用率は5割を越え 、企業・商品・サービス情報のSNS投稿率も4割を超えるなど、ソーシャルメディア利用の定着がうかがえる。

 一方、“スマホ派”(ソーシャルメディアを主にスマートフォンで利用する層)は、ソーシャルメディア利用者の3割を占め、10~20代では5割弱とPC派を抜く、若者中心の層となっている。移動中や食事中など様々なシーンで利用し、ほぼ毎日利用する人は8割。Facebookの「いいね」利用率は6割、企業・商品・サービス情報のSNS投稿は1か月で平均3.2回と高く、“PC派”に比べて情報拡散力や企業のマーケティング活動への寄与度が高い層となっている。

LINE利用者は5割弱

 SNSのメイン利用機器は、10~20代ではスマートフォンの方が多く、30~60代ではPCの方が多くなっている。スマホ所有者の6割以上が、主にSNSをスマートフォンで利用。PCメイン利用者は会社員中心で学生が少なく、スマートフォンメイン利用者は会社員と学生が中心となっている。

“スマホ派”と“PC派” の人物像
“スマホ派”と“PC派” の人物像

 SNS利用者(全体)は関東圏がやや多く、スマートフォンメイン利用者で関東圏の比率が増している。スマートフォンメイン利用者は、SNS含めて様々なサービスの利用率が高く、特にLINEの利用率は5割弱となっている。

利用している「SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)」などのインターネットサービス
利用している「SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)」などのインターネットサービス

【調査概要】
調査時期 : 2012年6月8日-6月10日
調査地域 : 全国
調査対象 : 高校生~69歳男女
Twitter・Facebook・mixiいずれか週1日以上利用者 1080名
調査方法 : インターネットアンケート調査
集計方法 : 各性年代の人口構成とスクリーニング調査での出現率をもとにウェイトバック集計を実施

【関連記事】
スマートフォンとの相性の良さで、FacebookとLINEの利用者割合が急上昇
国内スマートフォン普及率、2016年末には70%超
女性がクチコミしたくなるのはどんなとき?
スマートフォン国内普及率は18.0% “携帯流通マネー”は年間2兆5,000億円規模
高校生のスマホ所有率は4割弱に急増、SNS利用者は8割弱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5