MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

オージス総研、ビッグデータの予測分析を支援する「IBM SPSS」提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/03/31 15:00

 オージス総研は、ビッグデータの予測分析を簡単に行えるソフトウェア群「IBM SPSS」の提供を開始した。

 IBMの予測分析ソフト「SPSS」は、組織の意思決定をデータを用いてサポートする。顧客の態度や意見についての情報を収集し、結果を事前に予測。その予測結果を、業務プロセスに組み込むことで、より精度の高い予測を意思決定に活かすことができる。

 オージス総研は、大阪ガスを始め大手企業のデータ利活用を支援しており、大阪ガスでは、ビジネスアナリシスセンターが中心となって「IBM SPSS」を予測分析に活用。データ分析にはオージス総研のデータサイエンティストが参画している。

 「IBM SPSS」のデータマイニングワークベンチ「IBM SPSS Modeler」は、パレット上にアイコンを配置するだけで分析できるほか、データ加工およびモデル作成の自動化機能などが特長で、初心者でもすばやく最適な分析を行える。

 オージス総研は3月26日、マーケティングプロセスの自動化(マーケティングオートメーション)ソフトウェア「Marketo」の提供もスタートしている。

【関連記事】
オージス総研と両毛システムズ、電力事業者向け「顧客料金管理サービス」を提供
IBM、1億ドルを投資し、戦略・データ・デザイン融合のコンサルティングを展開
NTTデータ、米Tableauとパートナー契約
良品計画、ビッグデータ分析に「トレジャーデータサービス」を採用
ウイングアーク、DMP向けクラウドBIダッシュボード「MotionBoard Cloud for DMP」6月リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5