MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「このマーケティングツールには、どのデータを使う?」 使い先にフォーカスしたデータの選び方を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2016/02/23 10:00

 「どのデータをどう活用するか」にフォーカスし、高度化するマーケティングについて考えていく本連載。最終回の今回は、DMPのデータを活用する先のマーケティングツールにフォーカスしてデータの活用について述べていきたいと思います。

マーケティングツール別データの選び方の基本

 ここまでの連載ではデータにフォーカスをしてデータ活用について述べてきました。最終回の今回は、DMPのデータを活用する先のマーケティングツールにフォーカスしてデータの活用について述べていきたいと思います。

 まずはマーケティングツールにどのデータを使うか選ぶ際の判断軸について考えます。どのデータを使うかはデータが持っている要素(Cookie IDとか、メールアドレスとかマーケティングツールに連携できる要素のこと)と、DMPに登録されているデータの種類、その量によって判断することが多いです。

 量については多いか少ないかになるのですが、データの要素に関しては、例えばCookie IDを持っていれば広告配信ツールに使う、メールアドレスを持っていればメール配信ツールで活用するなど、マーケティングツールごとに活用できる要素が異なるため、判断の重要なポイントになります。また、データの種類はツールとデータの連携のしやすさに関係してきます。

 次から、広告配信ツール・ネットリサーチ・LPOツール・CRMツールのマーケティングツールごとに、どのようなデータが活用できるかご紹介しましょう。

広告配信ツールへの活用

 広告配信ツールへは以下のようなデータの活用がオススメです。

  • データの要素:Cookie ID、IDFA/Google Advertizing ID、IPアドレス
  • データ種別:自社データ、外部データ
  • データ量:小~大

 広告配信ツールは出し先となる広告枠の数がかなり大きく、データ量が数千程度でも使い方によっては十分にマーケティング的な価値を見出すことができます。

 例えば、外部データを活用する際はデモグラ情報などの規模の大きなデータであれば厳選した枠で配信をすることもできますし、ID-Posのデータなどボリュームの小さなデータでも純度が高いターゲティング方法であれば、広告枠を限定せずに広く配信を実施することでターゲティング対象に対して広くリーチすることができるようになります。

 また、自社データを活用する場合はリターゲティングとしての活用になります。こちらについては小さい単位にデータを分割して細かくターゲティングを行い、広告効果を高めていくなどボリュームの大小に依存せず活用が行われています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

関連リンク

バックナンバー

連載:データ活用の高度化を考える

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5