MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

モバイルサイト会員になる動機は?/モバイルサイト会員は消費行動を起こすのか?【リサーチ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 モバイルソリューション事業などを展開するIMJ モバイルでは、BtoC 企業が展開するモバイルサイトを業態・商材別に5 つのジャンルに分け、それぞれに登録しているユーザーへの調査を実施いたしました。この結果、各ジャンルごとに違いはあるものの、モバイルサイトがユーザーの興味喚起や、商品・サービスの購入・利用、比較検討対象候補への追加等に対し好影響を与えていることがわかりました。(バックナンバーはこちら)

調査結果のトピック

「小売・店舗(飲食)」(例:マクドナルド、スターバックス、ミスタードーナツなど)

 モバイルサイトに登録、アクセスすることで、お得な情報を入手し、実際の購入に繋がっていることがわかりました。

「小売・店舗(衣料)」(例:H&M、GAP、ZARAなど)

 メルマガをきっかけとして、セール情報や最新情報を確認している様子が伺え、販売店への誘導にモバイルサイトが貢献できていると推察できます。

「インポートブランド」(例:COACH、BVLGARI、LOUIS VUITTONなど)

 ブランドそのものが好きでモバイルサイトへ登録するユーザーが多いため、ダウンロードコンテンツがひとつのフックとなっていることがわかりました。

「生活消費財メーカー」(例:コカコーラ、GATSBY、日清食品など)

 モバイルサイトへの登録はキャンペーンがきっかけではあるものの、サイト閲覧後に実際に商品を購入したり、購入頻度が増えたりと消費行動の促進に繋がっている様子が伺えます。

「耐久消費財メーカー」(例:ソニー製品情報、パナソニック、NISSANなど)

 価格帯が比較的高いジャンルであるため、すぐに購入に繋がる割合は低いものの、商品についてクチコミ等を調べたり、比較検討の候補にいれたりと興味を喚起できていることがわかりました。

調査概要

  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 調査地域:全国
  • 調査対象:20~49歳の3G端末(スマートフォン除く)を保有している男女※調査会社が保有する調査パネル
  • 有効回答数:790サンプル
  • 調査日時:2010年9月16日~9月22日

対象者条件

 以下のECサイトを除くモバイルサイトに最近1年以内に会員登録をしたユーザー

  • 小売・店舗(飲食)※マクドナルド、スターバックス、ミスタードーナツなど
  • 小売・店舗(衣料)※H&M、GAP、ZARA、TOMORROWLANDなど
  • インポートブランド(服、鞄、時計など)※COACH、BVLGARI、LOUIS VUITTONなど
  • 生活消費財メーカー(化粧品、食料品、飲料など)※コカコーラ、GATSBY、日清食品など
  • 耐久消費財メーカー(自動車、家電など)※ソニー製品情報、パナソニック、日産羅針盤など
■性年代(n=790)
■性年代(n=790)
■居住地域(n=790)
■居住地域(n=790)
■職業(n=790)
■職業(n=790)
■保有キャリア(n=790)
■保有キャリア(n=790)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

関連リンク

バックナンバー

連載:最新調査レポート

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5