MarkeZine(マーケジン)

記事種別

行動を“見える化”して、サイトの改善点や施策を即提案するプラットフォーム「HIRAMEKI」とは

2016/07/14 10:00

 トライベック・ストラテジーが今年リリースした、マーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management(R)」。今、多くのマーケターが四苦八苦しているデジタルマーケティングを、サイトやオウンドメディアの課題発見からユーザーへの適切なアプローチまで、一括で高度な技術を必要とせず実施できると注目が集まっている。その詳細を、同社データドリブンマーケティング部で部長を務める佐孝徹氏、マネージャーの清野勇一氏、システムエンジニアの福聚康旭氏に取材した。

国産ならではの使いやすさと、実用的な機能を1つのツール上で提供

 オウンドメディア領域のコンサルや制作、システムなどのワンストップ・ソリューションを提供してきたトライベック・ストラテジー(以下、トライベック)。主にデジタルマーケティングとデータプラットフォームの2つの事業を展開している企業だ。

トライベック・ストラテジーの3名
右より、トライベック・ストラテジー株式会社
データドリブンマーケティング部 部長 佐孝徹氏
同部 マネージャー 清野勇一氏
福聚康旭(ふくじゅ やすあき)氏

 同社の中で佐孝氏は、デジタルマーケティング事業でのコンサルタントを経て、今年6月に現職に就任。コンサルで培ったノウハウをもとに、今回紹介する「HIRAMEKI management(R)(以下、HIRAMEKI)」の開発リーダーを務めている。清野氏は、もともと販促やデータ分析など幅広い業務に携わり、HIRAMEKIの開発当初から専任の担当として、営業や運用サポートまでトータルに関わっている。福聚氏は、クライアントのコーポレートサイトやECサイト、社内システムなどに幅広く携わるシステムエンジニアで、HIRAMEKIに関してもシステム設計をはじめ、クライアントへの導入時の実装部分全般を担当している。

 では早速、HIRAMEKIがどういったマーケティングプラットフォームかを紹介する。2015年9月に一部機能を先行リリースした同ツールは、2016年2月にマーケティングオートメーション機能(以下、MA機能)を追加し、正式版としてリリースされた。さらに2016年5月にインバウンドマーケティングを強化するサイト構築機能を追加している。

 同プラットフォームでは、ウェブサイト上のユーザーの行動を様々な分析機能で“見える化”し、そこでわかった問題点を解決するためのメール配信やレコメンドなど、ユーザーへアプローチする機能、これらの機能を兼ね備えたMAツールとなっている

開発に至った3つの理由

 そもそもなぜ、HIRAMEKIを開発するに至ったのだろうか。開発の経緯を聞いたところ、現在のマーケティングに潜む3つの課題を解決するためだという。

 1つ目の課題は、ツールの機能とマーケターが求めているものにギャップが生じている点だ。昨今、MAツールを中心に、先行リリースしていた海外のツールを導入する企業が増えている。しかし、英語を無理矢理ローカライズしたもので日本語の表現がわかりづらい、またツールの学習コストが高く担当者が使いこなせない機能が多いといった問題もよく目にしていた。そのため、トライベックでは国内のマーケターでも海外ツールの活用に苦しんでいる人向けに、自ら使いこなせるツールの開発を目指した。

 同社は2つ目に、費用対効果に見合わない価格設定のツールが多いという課題を挙げた。先述したような海外のツールは、インフラ整備などが必要でかつ導入コストも大きい。その上使いこなしきれない機能が増えれば、費用対効果を考えた時に損するケースもある。そのためHIRAMEKIでは、必要な機能を取り揃えつつ、価格を抑えたバランスのよいサービス設計にした。

 そして3つ目は、行動の“見える化”から改善までの一連のプロセスを1つのプラットフォームで完結することができていないというものだ。デジタルマーケティングは、複数のサイトに対して様々なツールを使った結果、ほとんどが個別最適化に留まってしまう。

 その課題に対してHIRAMEKIでは、企業が持つコーポレートサイトやECサイト、キャンペーンサイトなど複数のサイトを横断して、ユーザー行動を一括分析。さらに、発見した課題に対してのアプローチまで、簡単に扱える機能が提供されている。

 「HIRAMEKIではBtoB、BtoCに関わらず、より多くの企業様のオウンドメディア運営に実践的に活用していただけるツールになっています。もちろんツールを提供するだけでなく、その後のコンサルティングまでしっかりお手伝いさせていただきます」(佐孝氏)

「HIRAMEKI management(R)」の詳細に関してはこちら

 7月27日(水)開催の無料セミナー、「マーケティングプラットフォーム活用事例にみる高速PDCAプランニングの実践とコツ」に記事に登場した佐孝氏が登壇します。詳細はこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5