New

681~690件(全690件)

1号

  • 2016/01/21

    ファネルのイメージ図【愛されオウンドメディアの育て方】

     商品認知のための間口を広くとり、購買までのフェーズでユーザーが絞り込まれてい「ファネル」のイメージ図。

  • 2016/01/21

    ペルソナの例【愛されオウンドメディアの育て方】

     オウンドメディアでは、どの記事も「ペルソナ」と「キーワード」を明確にしておく必要がある。その記事のメインターゲットである人物像、ペルソナを決めておく。どんな心境で何を解決したいのか? 想像するだけではなく、必要ならば調査も行い、例のようにまとめる。

  • 2016/01/21

    普段見聞きしている広告媒体(全体/10~20代男女別)【データで読み解く】

     生活者は一体どのような広告を見聞きし、意識しているのだろうか。普段見聞きしている広告媒体について挙げてもらった。10~20代男女におけるインターネット広告の存在感の大きさが伝わる結果であった。 【調査概要】 調査対象:全国の10~60代の男女 調査数:816名 調査方法:インターネット調査

  • 2016/01/21

    商品/サービスの認知から購買に至るまでのシーン別で接触している広告媒体【データで読み解く】

     生活者は一体どのような広告を見聞きし、意識しているのだろうか。普段見聞きしている広告媒体について挙げてもらった。「普段見聞きしている」といっても、商品やサービスを認知してから購買/利用に至るまで複数の広告媒体に接触し、それぞれのシーンによって接触している広告媒体も変わってくる可能性がある。そこで、それぞれのシーンで生活者が接触している広告媒体が異なるのかについて検証を試みた。本調査の結果においては、マス広告媒体が商品やサービスの認知獲得に一定程度寄与しているといえるだろう。 【調査概要】 調査対象:全国の10~60代の男女 調査数:816名 調査方法:インターネット調査

  • 2016/01/21

    各広告媒体の印象(回答者全体 n=816)【データで読み解く】

     生活者は一体どのような広告を見聞きし、意識しているのだろうか。普段見聞きしている広告媒体について挙げてもらった。各広告媒体にどういった印象を抱いているのかについて回答を集め、結果をコレスポンデンス分析でマップ化した。この分析の結果では、各広告媒体の印象に関する相対関係を把握する事ができ、原点から見て近距離にある広告媒体とイメージ項目が「その広告媒体で印象の強いイメージ」と解釈する事ができる。 【調査概要】 調査対象:全国の10~60代の男女 調査数:816名 調査方法:インターネット調査

  • 2016/01/21

    ネイティブ広告に気づいた(キュレーションメディア閲覧者ベース)【データで読み解く】

     生活者は一体どのような広告を見聞きし、意識しているのだろうか。近年、「ネイティブ広告」が注目を集めている。ネイティブ広告は、広告だと意識しづらいため、媒体に対して信頼度の高いユーザーへブランディングしやすいというメリットがある。しかしながら、実際にはどの程度の生活者が広告である事を認識していないのだろうか。本調査では、この点について、普段「キュレーションメディア」を見ていると回答した人に対し、インフィード型ネイティブ広告の掲載されている「キュレーションメディア」を実際に閲覧してもらい、検証を行った。結果、そのサイト内でネイティブ広告が掲載されている事に気づいた人は全体の60%、気づかなかった人は40%であった。 【調査概要】 調査対象:全国の10~60代の男女 調査数:816名 調査方法:インターネット調査

0号

  • 2016/01/22

    利用しているスマートフォンアプリジャンル(男女別)【DATA】

     スマートフォンの爆発的な普及とともに、スマートフォンアプリ内でも様々な広告に触れる機会が増えている。そこで、利用しているスマートフォンアプリのジャンルや具体的なアプリ、またアプリ内の広告に対すす意識や経験を尋ねる調査を行った。現在利用しているスマートフォンアプリのジャンルを調査したところ、「写真/カメラ/ビデオ」が男女ともに首位になった。 【調査概要】 調査対象:全国の10~50代の男女 調査数:1,000名 調査方法:インターネット調査

  • 2016/01/22

    利用率×広告認知×クリック率【DATA】

     スマートフォンの爆発的な普及とともに、スマートフォンアプリ内でも様々な広告に触れる機会が増えている。そこで、利用しているスマートフォンアプリのジャンルや具体的なアプリ、またアプリ内の広告に対すす意識や経験を尋ねる調査を行った。「広告認知者におけるクリック率」と「ジャンル利用者における、アプリ内広告認知率」の関係を調べたところ、「ゲーム」が利用率・広告認知率・クリック率がともに高く、特に広告認知が突出して高いことが明らかになった。 【調査概要】 調査対象:全国の10~50代の男女 調査数:1,000名 調査方法:インターネット調査

  • 2016/01/22

    あなたにとって、以下のキーワードはどのようなものですか?【DATA】

     「データドリブンな広告配信手法の普及」「スマートフォン広告市場の急成長」「動画広告の普及」「ネイティブ広告の台頭」といった4つの事象に対する、どのような見解を持っているのかをたずねた。 【調査概要】 調査目的:デジタル広告市場の成長領域の動向や構造、業界関係者の見解を俯瞰して把握すること 調査主体:MarkeZine編集部/デジタルインファクト(シード・プランニング) 調査対象:MarkeZine会員 調査数:460名 調査期間:2015年1月中旬~2月中旬

  • 2016/01/22

    スマートフォン広告市場において2015年に予想されるトピックス【DATA】

     スマートフォン広告市場における2015年に予想されるトピックスをたずねたところ、「スマートフォンにおけるターゲティング技術の進化」「スマートフォン広告主層の拡大」「PC、タブレットなどとのクロスチャネルトラッキングと最適化配信の普及」がトップ3となった。 【調査概要】 調査目的:デジタル広告市場の成長領域の動向や構造、業界関係者の見解を俯瞰して把握すること 調査主体:MarkeZine編集部/デジタルインファクト(シード・プランニング) 調査対象:MarkeZine会員 調査数:460名 調査期間:2015年1月中旬~2月中旬

681~690件(全690件)