MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

震災後の電力不足で「ライフスタイルに変化」7割
【節電についての意識調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2011/04/18 11:35

 マクロミルは、東京電力の供給エリアを対象に節電についての調査を行い、その結果を発表した。節電への協力はもちろん、電気の大切さを痛感する声が寄せられた。

7割の人が「ライフスタイルに変化」

 マクロミルは4月上旬、東京電力の供給エリアの各都県(群馬、栃木、茨城、埼玉、東京、千葉、神奈川、山梨)の20才以上の男女を対象に調査を行い、500名の回答をまとめた。

 震災後の電力不足による節電を受けて、「ライフスタイルに変化があった」と答えた人は71%。具体的には、「家の中で過ごすことが増えた」「家族と同じ部屋で過ごすようになった」「徒歩や自転車での行動をするようになった」などがあがっている。電車本数の削減や夜間照明の消灯などの物理的理由に加え、「遠出をするのが不安」「外出を楽しむ気分ではない」といった心理的な不安によって、外出を控える人が見られる一方、節電に協力するために計画的に行動をしている人も見られた。

節電を緩和してほしいもの

 調査時点で、家庭で節電をしている人は9割を超えており、「照明をこまめに消す」「エアコンの設定温度を控えめにする・利用しない」「使わない電化製品のコンセントを抜く」が上位となっている。節電したいが効率的な節電方法がわからない電化製品としては、「電子レンジ・オーブンレンジ」「冷蔵庫」「洗濯機」が上位を占めた。

効果的な節電方法がわからない電化製品<上位20抜粋>
(n=151/ベース:効果的な節電方法がわからない電化製品がある人)

 4月上旬時点の交通機関や公共施設・商業施設で行われている節電については、約6割の人が生活に支障を感じながらも、節電に協力していきたいと考えている。しかし、これらの節電のうち、緩和してほしいと思うものをたずねたところ、「鉄道の運行本数の削減」が77%で最多、次いで「エレベーター・エスカレーターの休止」31%となっている。

節電を緩和してほしいと思うもの
(n=78/ベース:節電を緩和してほしいと思っている人)

電力不足が解消されても「節電したい」93%

 今回の電力不足を経験して痛感したこととしては「多くのものが電気がないと動かないこと」「当り前に思っていた日常がとても便利であったこと」が上位にあがり、多くの人が‘電気の大切さ’を再認識している。今回の電力不足を通じて、節電意識が高まったと回答した人は92%。電力不足が解消された後においても「節電したいと思う」と回答した人は93%で、その意識の高さがうかがえる。

節電に対する意識の変化(n =500)
今回の電力不足を通じて、節電に対する意識に変化はあったか

 また、今夏の電力不足を乗り切るために4割超の人が備えをすると回答しており、「省エネ家電、暑さ対策商品の購入」ほか、「庭に緑を植える」「体力をつけておく」などさまざまな声が寄せられた。

【関連記事】
震災前後で、東京電力サイトの訪問者数は478万人増
震災で行方がわからないペットを探す「MSNペットサーチ」
ヤフー、投稿写真で被災地の記録を残す「東日本大震災写真保存プロジェクト」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5