SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アップル、日本のiTunes Storeで映画のレンタル・販売を開始、レンタル料金は200円から

 今回のサービス開始によって、iPhoneやiPad、iPod touch、Mac、Windows PC、さらには今週日本で出荷が始まるApple TVを接続したハイビジョンテレビでも、国内以外の1000本以上の映画をHD(ハイデフィニション)またはSD(スタンダードデフィニション)でレンタルまたは購入することができる。

 iTunesの映画レンタルで映画をレンタルすると、iTunes StoreからiTunesまたはApple TVに直接ダウンロードされる。ダウンロードした映画は30日以内に見始めて48時間以内に見終えればよく、その間何度でも見ることができる。iTunesでのHD映画のレンタル価格は、旧作が300円から、新作が500円。SD版のレンタル価格は旧作が200円から、新作が400円。

 レンタルだけでなく、HDまたはSDで購入することも可能となっており、日本のiTunesでのHD映画の購入価格は、旧作および準新作が2000円、新作が2500円。SD版は旧作が1000円、準新作が1500円、新作が2000円で提供される。

【関連記事】
アップルと電通グループ、日本で「iAd」を展開
2015年にはグーグルとアップルの2強で 国内スマートフォンOSシェア8割
TSUTAYA DISCASがコミックレンタル事業を強化 30代女性がメインターゲット

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/11/11 10:51 https://markezine.jp/article/detail/12421

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング