SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

グーグル、検索結果や広告をオススメ&共有できる
「+1」ボタンを提供

 「+1」ボタンを利用するには、あらかじめGoogleアカウントでログインする。グーグルで検索を行うと、検索結果ページに表示されたリンクごとに「+1」ボタンが表示される。気に入った情報やおすすめしたい情報があったときに、このボタンをクリックすると、その情報をユーザーと関係のある人たちの間で共有することができる。

 グーグルは、自社サービスのGmailやGoogleプロフィールなどを通じて、そのユーザーと関係のある人や利用しているサービスの情報を保有している。こうした情報をもとに「+1」ボタンは機能する。検索結果のページ上で、自分の友人が「+1」ボタンをクリックした情報がある場合、ボタンを押したのは誰なのかが表示される。レシピの検索をしていて、自分のルームメイトがおすすめしているレシピ情報だということがわかったら、その情報を見たいと思うかもしれない。

 この機能は英語版のGoogle.comで限定的に公開されている。現状では「+1」ボタンは、検索結果と広告の横に表示されているが、今後は表示場所がさらに増える予定だ。

【関連記事】
個人的なつながりが検索順位を押し上げる、グーグルがソーシャル検索をアップデート
「企業とのコミュニケーション」よりも「おトク情報」を重視【フェイスブック利用動向調査】
月・週単位で注目記事を振り返る 「はてなブックマークランキング」公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング