SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

GMOリサーチ、アジア3,600万人のデータ「GMO Market Observer」を一部無償提供

 GMOインターネットグループでインターネットリサーチ事業を展開するGMOリサーチは、DIY型(セルフ型)リサーチシステム「GMO Market Observer(マーケットオブザーバー)」に搭載している一部の機能を無償で提供開始した。

 今回無償提供するのは「MO CDP For Survey Targeting(エムオーシーディーピーフォーサーベイターゲティング)」という機能。GMOリサーチがこれまで実施した調査から取得した、消費者データをデータウェアハウス(統合データベース)化した「MO CDP」を活用し、アンケート対象者をターゲティングすることができる。この機能は「GMO Market Observer」を利用していなくても無償で使うことができる。

 同機能を利用することで、アジア3,600万人の消費者データを無償でマーケティングに活用することができる。

【関連記事】
GMO NIKKOがAIを活用したブランドセーフティとアフィリエイト広告の各サービスを統合、提供開始
GMOプレイアド、動画検証ツール「PlayAds byGMO」と「YouTube API」を連携
GMO TECH、「GMO SmaAD」「SmaAFFi」のオファーウォールで動画リワード広告を提供
ヒトクセとGMOタウンWiFi、店舗のフリーWi-Fiから来店者をECに誘導する無償サービスを提供
オウンドメディアの効果を可視化 GMO-AMが「TAXEL OWNED MEDIA」を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/08/07 09:30 https://markezine.jp/article/detail/34003

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング