SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CA、「完全自動対話研究センター」を新設 人間らしく自然で高度な音声対話が可能なAIの実現目指す

 2021年10月、サイバーエージェントは、AI技術の研究開発組織「AI Lab」において、AIによる人間らしく自然で高度な音声対話の実現を目的に、音声対話AIの研究専門組織「完全自動対話研究センター」を新設した。

 昨今、コールセンターでの問合せなど音声でコミュニケーションをするサービスや業務のAIによる自動化ニーズが高まっている。

 そこで、同社は音声対話AIの研究組織を新設し、「人間らしく自然で高度な音声対話」が可能となるAI技術の研究を強化していく。また、音声対話AI領域の研究者30名の新規採用と、産学連携の強化を進め、5年後に「完全自動会話の成立」を目指す。

 音声対話AIの研究は、ロボットやCGアバターなどによる接客やコールセンターの問合せ対応、予約や商品販売の受付など、同社が提供する様々な事業に技術を展開し、まるで人間と会話するような自然なユーザー体験ができる高品質な音声コミュニケーションサービスの提供に取り組む。

【関連記事】
2ヶ月で相談件数8万件!AIチャットボットスナックママ「よしこ」開発の裏側
サイバーエージェントとエクサウィザーズが業務提携 AI開発から運用改善までワンストップで対応
ZOZOテクノロジーズ、早稲田大学・上智大学とビジネスへの実応用を見据えたAI技術共同研究を開始
電通と電通マクロミルインサイト、生活者インサイトを自動で深掘りするAIチャットボットを開発
awoo Japanが「nununi」を「awoo AI」にリブランディング サービスの構成も変更

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/10/26 13:00 https://markezine.jp/article/detail/37637

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング