SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アマゾンがサイトデザインを大幅リニューアル、ほしい商品をより探しやすく

 Amazon.co.jpは、2000年に書籍のみの販売からスタートしたが、現在ではCD、DVD、ゲームから家電やアパレルまで、取扱商品の範囲と量が格段に増えている。今回のサイトリニューアルでは、「商品を見て回る、検索する、保存する、購入する」というオンラインショッピング体験の中で利用者が繰り返し行う4つの要素をすべてトップエリアに集約させ、どのページからでも希望するアクションを行えるようにしている。

 トップページ上部に表示されていた、「本」「洋書」「エレクトロニクス」などの商品カテゴリのタブは、画面左上にリンクとしてコンパクトにまとめられ、クリックするとサブカテゴリをメニュー表示する。また、「ほしい物リスト」と「カートを見る」の2つのボタンが画面右上に設置され、保存した商品情報のチェックや購入手続きを迷うことなく行うことができる。

 アマゾンは、現在はテスト段階であるとして、利用者からの意見や感想をもとに、今後改善するとしている。

【関連記事】
amazonのUI、ただいま進化中
Amazon、個人情報が検索できる「ほしい物リストサーチ」を現在閉鎖中?
アマゾン出版社別売上ランキング、「造顔マッサージ」「のだめ」の講談社が1位

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/05/30 15:22 https://markezine.jp/article/detail/3868

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング