SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

AMoAd、動画を使用したスマホパフォーマンス広告開発~インプレッション課金に加え、CPC課金も可能

 サイバーエージェントのアドテクスタジオは、スマートフォンアドプラットフォーム「AMoAd ネットワーク」(提供:AMoAd)において、ソニックムーブと共同で動画を使用したパフォーマンス広告を開発し、提供を開始した。AMoAdは CPA/CPIを成果指標とする企業を対象に、2014年9月までに100社の実施を見込む。

 スマートフォンにおけるリッチ広告は、通常のバナー広告と比較してユーザーの興味喚起や態度変容、その後の商品購買などにおいて広告効果の向上が確認されており、国内のスマートフォン広告において利用例が増えている。

 一方、CPA/CPIを成果指標とする企業(EC、金融、人材、不動産、ゲームなど)のスマートフォン広告出稿では、「CPC課金型」の広告料金形態が中心となっており、インプレッション課金型を中心としたリッチ広告の活用は、広告パフォーマンスの観点から広告出稿のハードルが高い状況にある。

 このたび提供を開始したパフォーマンス広告では、主に CPA/CPIを成果指標とする企業に向けた商品設計をしており、インプレッション課金だけでなく、CPC課金の実施が可能。また、動画視聴時間に応じたリターゲティング広告の設計・配信も可能で、企業のプロモーション効果の最大化を実現する。

【関連記事】
「東洋経済オンライン」VIDEOサイトオープン!楽天・三木氏らへのインタビュー動画も掲載
読売新聞社、『YOMIURI ONLINE』にJストリームの動画配信プラットフォームを採用
スマホでの動画視聴経験8割超、1日平均34分【博報堂DY調査】
スマホアプリ向け動画広告配信サービス「AppVador」、広告効果測定ツール「ART」と連携
アドバタイジングドットコム・ジャパン、動画視聴課金型広告「プレミアムCPV」リリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/04/21 18:30 https://markezine.jp/article/detail/19787

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング