SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINEリサーチ、調査データに「趣味・関心」項目を付与可能に LINE広告の配信最適化も実現

  LINEは、リサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」において、LINE広告のターゲティング配信で利用できる「趣味・関心」項目を、調査データに付与することを可能にした。

 「趣味・関心」項目は、ユーザーが「LINE」上で購入・使用したスタンプや興味のあるコンテンツのほか、どのようなLINE公式アカウントと友だちになっているかといった傾向をもとに分析した情報(電話番号、メールアドレス、アドレス帳、トーク内容等の機微情報は含まない)。属性情報の推定は統計的に実施され、特定の個人の識別は行っておらず、また特定の個人を識別可能な情報の第三者(広告主等)の提供は実施していない。

 今回、同項目がLINEリサーチの解凍データに付与可能になったことにより、回答データに任意の顧客分類とLINE 広告の趣味・関心項目をかけ合わせた分析が実現。調査の実施企業は分析の結果を基に、狙いたいセグメントが多く分布する配信カテゴリの特定と、そのカテゴリに向けた広告配信が行える。

【関連記事】
LINEリサーチ、新たに6社をセールスパートナーとして認定
ネオマーケティングとインティメート・マージャーが提携 新たなリターゲティング広告メニューの提供へ
Instagram、若年層への広告配信などを制限 興味関心や閲覧に基づくターゲティングを停止
Amebaがオラクルと連携、コンテクスチュアルターゲティング広告配信メニュー提供
Legolissが「ZEFR」の販売を開始 動画広告のターゲティング配信をCookieレスで実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/09/30 07:00 https://markezine.jp/article/detail/37403

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング