SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2008年度版「先輩が薦める企業ランキング」1位はオプト、メガバンクを避け地銀・信金が人気

 今回の調査は、就職活動を経験した2009年度入社予定の学生34万人を対象に行われたもので、成長性、情報公開度、仕事内容、待遇・福利厚生など9項目について、学生がそれぞれ4段階で評価した結果を集計している。

 「先輩が薦める企業「採用活動満足度ランキング」の上位30社は以下のとおり。一般の就職人気企業ランキングでは航空や銀行、自動車、食品関連企業が上位に入るが、今回の採用満足度調査ではB to B企業など、学生にとって身近でない企業や業界が多い点が特徴。

1位   オプト
2位   三幸グループ
3位   栗田工業
4位   宇部興産
5位   花王カスタマーマーケティング 
6位   栃木銀行  
7位   ジャルウェイズ      
8位   岐阜信用金庫      
9位    JTBトラベランド      
10位   プリモ・ジャパン  

11位   城北信用金庫     
12位   ヤマハ発動機      
13位   日本オラクル      
14位   東京海上日動システムズ    
15位   東ソー          
16位    ゼビオ
17位   山口銀行
18位   八十二銀行
19位   京都中央信用金庫
20位   ケイ・ウノ

21位   楽天
22位   NECネクサソリューションズ
23位   近畿日本ツーリスト
24位   ジェイアール東海高島屋
25位   三菱地所
26位   AOKIホールディングス
27位   ディスコ
28位   アルバック
29位   ジェイアール東日本情報システム
30位   第一三共
 
  ランキングを業界別に見ると、上位ランクイン数が最多となった「サービス業界」は2006年度以来1年ぶりに首位に返り咲いた。次いでランクインが多かった「金融業界」だが、大手金融機関は少なく、地方銀行や信用金庫のランクが高くなっている。

 満足度が高い企業の採用活動の特徴としては、選考前や選考中に若手社員や若手の人事と面談する時間を設けるなど、学生がリラックスをして選考を受けられる環境づくりや、即日から1週間以内に結果告知や合否連絡をするなどの素早い選考フローがあげられる。

 「超売り手市場」といわれた09卒学生の就職環境だが、10卒学生については景気の先行きが不透明になりつつある中、採用人数が昨年を下まわる企業も増え、量より質を重視する傾向が強くなりそう。一方、学生側は09卒学生同様に売り手市場の認識が根強く、志望企業を絞った活動をすると予測される。多くの学生が就職サイトや採用ホームページから広く浅く収集し、企業の雰囲気を理解しようとする場合は、OBやOG、現場の若手社員などを訪問する傾向があるという。

【関連記事】
「先輩が薦める企業ランキング 2007」、1位は日本コムシス
大学生が就職したい企業1位に「全日空」が返り咲き、ダイバーシティ評価では資生堂が圧倒的No.1
学生の内定社数は4年連続で増加、「内定辞退したことある」65.2%【リクルートの就職白書2007】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/10/01 13:40 https://markezine.jp/article/detail/5564

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング