MarkeZine(マーケジン)

記事種別

本の持つソーシャル性に注目した、風通しのいい電子書籍サービス「フォークン」スタート

2011/05/23 17:40

 「forkN」は、簡単に電子書籍を作成し、複数人でひとつの書籍を出版するようなソーシャルパブリッシング、読み手や書き手が本を通じてつながる新しい読書体験に出会える電子書籍サービスだ。 

 本の作成は、「forkN」内の編集画面で、ブログを更新する感覚で原稿を書いたり、画像を貼り付けていくことで行う。大量の画像がある場合はzipファイルにまとめて一括アップロードすれば、写真集や漫画などの本を短時間で作成することができる。

「forkN」内の編集画面。ドラッグ&ドロップで
章やページを管理したり、見た目を確認しながら表紙の作成を行うこともできる

 作成した書籍は「forkN」内で無料公開したり、有料で販売することができる。読み手はクレジットカードなどで書籍を購入し、書籍の作者には販売価格から手数料30%を差し引いた70%が売上として支払われる。「forkN」で作成した書籍はEPUBやPDFファイルとしてダウンロードすることができるので、「forkN」以外のマーケットで販売することも可能だ。 

電子書籍はそのままブラウザで閲覧したり、EPUBやPDF形式で
ダウンロードした書籍をスマートフォンやタブレットリーダーで読むことができる

 また、「forkN」では、読み手がどの本を買ったか、どのページを読んでいるかを公開したり、しおりをつけたページやコメント付きのフセンなどを公開することもできる。

【関連記事】
「BCCKS」が紙を含めたすべてのデバイスに対応するフロー型電子書籍出版サービスへ
女性向けアウトドア雑誌「ヒュッテ」の電子版、広告もリッチコンテンツ化
Twitterで書名をつぶやくと読書履歴ができる「読んだ4!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5