SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Amazon広告売上は2013年に8億3505万ドル、購買データとターゲティングが成長支える【eMarketer予測】

 eMarketerの予測によると、TAC(Traffic Acquisition Cost:トラフィック獲得コスト)を抜いたAmazonの2012年の全世界での広告売上は6億1000万ドルで、2011年から45.5%増加。2013年には36.9%増の8億3505万ドルとなると予測している。

 同社の広告収益は、Amazonのサイトのさまざまな場所、検索結果の近くに表示される広告から得られるもの。この成長を支えているのは、消費者が残している膨大な購入データであり、こうしたデータはGoogleもFacebookも持ち合わせていない。また、Amazonはターゲティング技術も開発。さらにターゲティングを向上させるDSPも開発しており、Kindleといった新しいデバイスへの配信も可能となっている。これらが、ECの巨人Amazonのビジネスをささえていると同レポートでは分析している。

【関連記事】
米アマゾン、2012年の日本での売上高は78億ドル
仮想通貨「Amazon Coins」スタート
米Square、スマホ決済サービス「Square」国内展開
楽天、米国物流会社Webgistixを買収
オンライン広告関連技術特許ランキング1位は「ヤフー」、「楽天」が3位に躍進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/06/10 15:00 https://markezine.jp/article/detail/17931

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング