SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェント、LINE公式アカウントの新料金形態に合わせた運用ソリューションを提供

 サイバーエージェントは、LINE公式アカウントの新料金形態に合わせた運用ソリューション「Message Optimizer for LINE」の提供を開始した。

タップで拡大

 LINE公式アカウントは今年4月に、有効友だち数に応じた月額固定費から、配信メッセージ通数に応じた従量課金モデルの料金形態に変更。これに伴い、キャンペーン毎にユーザーのニーズに合わせたより柔軟な配信設計が可能になり、運用方法の変化が求められていた。

 同ソリューションは、同社が運用するアカウント実績を基に、開封者セグメントを活用したパフォーマンス向上を目的とする配信設計を行う。また、ユーザーの反応率実績を活かした配信タイミングのレコメンド、およびこれらの実行体制の整備などを支援する。

【関連記事】
ソウルドアウトのデータフィードマーケティング支援ツール、LINEショッピングと連携
マイクロアドが金融メディア「ZUU online」と連携 金融商品関心層向けの広告配信サービスを開始
LINEチラシ、コロナ影響で店舗ページの閲覧数が前月比2.9倍以上に 取り扱いパートナーを拡大 
LINEの広告メニューが「ニールセン デジタル広告視聴率」の計測に対応 リーチの可視化・比較が可能に
LINE LIVE、ホリプロデジタルエンターテインメントと業務提携 ライバーの芸能活動を全面サポート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/06/01 14:45 https://markezine.jp/article/detail/33525

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング