SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オイシックス・ラ・大地、大戸屋と業務提携 共同でEC構築し“食のサブスクリプション”を拡大

 ミールキットなどの食品宅配を展開するオイシックス・ラ・大地は、大戸屋ホールディングス(以下、大戸屋HD)と、業務提携契約を締結した。オイシックス・ラ・大地は食領域のサブスクリプション事業において、マーケティングや物流ノウハウを活用した他社とのECの共同事業を2013年から開始していた。大戸屋HDと業務提携を行うことで、両社の安全・安心に配慮した食事業のさらなる拡大を目指す。

 両社は、ともに安全・安心にこだわった食材の利用、および新鮮な食材の調理といった、高品質で付加価値の高い「食」に関する事業を展開するという共通点をもっている。またOisixの顧客との親和性も高いと考え、業務提携契約の締結に至った。

 今後は両社共同で、自宅で大戸屋のメニューを楽しむことができるサブスクリプションサービスをはじめ、3つの事業を行う。

(1)大戸屋で、ご家庭向け冷凍総菜・弁当のサブスクリプションサービスの開始
(2)Oisixで大戸屋プロデュースの商品販売を開始
(3)大戸屋店舗でOisixとのコラボメニューの提供を開始

 Oisixで外食店の食材を宅配でお届けする販売企画「おうちレストラン」では、現在までに16店舗の食材を販売した。顧客からの反響も大きく、外食のメニューを自宅で食べるというライフスタイルは定着しつつある。今後は流通額約30億円規模の事業への成長を目指していく。

オイシックス・ラ・大地が手掛けるサブスクリプション事業

【関連記事】
オイシックス・ラ・大地、「Oisix香港」のWebサイトにビービットの「USERGRAM」を導入
Oisix、人気インスタグラマーとのコラボ企画『#やさいおにぎり』Instagramキャンペーン開催
オイシックス・ラ・大地、「Oisix」に会話型広告「fanp」を試験導入 ナーチャリングの効果検証へ
オイシックス、カスタマーサポートでのAI活用検証を開始
「Oisixの商品企画部」オープン、生活者と共同で商品開発やスター野菜育成へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/08/18 09:19 https://markezine.jp/article/detail/34042

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング