MarkeZine(マーケジン)

記事種別

SoVeCとKDDI、日常空間にARを表示させる「XR CHANNEL」の提供へ 空間認識技術を活用

2020/08/31 13:30

 SoVeCとKDDIは、スマートフォンやスマートグラスに搭載されたカメラ越しの画像から空間を認識するVisual Positioning Service(以下 VPS)技術を活用し、日常空間にARを表示させるアプリ「XR CHANNEL」を提供開始した。

 同アプリでは、街の建物などの3次元情報をスマートフォンやスマートグラスのカメラ機能で認識できるVPSとAR技術を組み合わせることで、日常の空間に、デジタル看板やナビゲーションに加え、広告宣伝、エンターテインメント、アート、教育などのコンテンツの表示が可能になる。顧客は同アプリを通じ、街の風景とARコンテンツが空間上で連携、作用し合うような体験が楽しめる。

 同アプリは、3Dマップの構築エリアで使用が可能。KDDIが戦略的パートナーシップを締結しているSturfeeのVPS技術を活用し、提供開始時点では東名阪、横浜および沖縄エリア(区部などを中心とした一部のエリア)にて利用できるほか、将来的には日本国内の市街地すべて(一部地域を除く)においてVPSが利用できる予定だ。

 なお、同アプリで提供するコンテンツの第1弾として、KDDIが横浜DeNAベイスターズと締結したビジネスパートナーシップの一環として、2020年8月31日から横浜スタジアム周辺の街中にAR装飾された『YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2020 Supported by 横浜銀行』のスペシャルコンテンツを提供する。

【関連記事】
ViibarとSoVeC、メディア企業・プラットフォーマー向けの動画制作パッケージを共同でリリース
SoVeC、AIを活用した自動動画生成クラウドサービス「SoVeC Smart Video」提供
KDDI、三菱商事、ローソン、LMの4社、新たな消費体験の創造に向け合意 ポイントをPontaに統合
デジタルガレージとKDDI、DXの実証実験を渋谷で実施 「食べログ」飲食店情報をARで表示
名古屋グランパスエイトとKDDI、5GやXRを活用した観戦体験の実現に向けてパートナーシップを締結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5