SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ニコニコ動画が黒字化達成、秋葉原では号外配布も

 ドワンゴの平成22年9月期第2四半期の決算発表会が13日開催され、「ニコニコ動画」事業の2010年1~3月期の売上高は約14億2800万円で黒字を達成した。ニワンゴ取締役の西村博之氏とともに、「黒字化担当」として尽力してきたドワンゴ取締役の夏野剛氏も一安心。ニコニコ動画では決算発表会の様子を生中継し、ユーザーから祝福のコメントが相次いだ。また、日刊スポーツが号外を発行し、秋葉原など都内の繁華街で配布した。

ニコニコ動画の売上高推移*

 ニコニコ動画では、ユーザーが投稿する動画だけでなく、生放送による番組企画も多数展開。政治の分野にも積極的に取り組み、党大会や岡田外務大臣の海外同行取材を行い、ネットユーザーへの情報発信を行ってきた。こうしたさまざまな取り組みによって、平成22年3月末には登録会員数1,634万人、「ニコニコプレミアム会員」は74万人、「ニコニコ動画モバイル」の会員数は494万人に達している。

 しかし、ニコニコ動画を含むポータル事業においては、回線やサーバなどのインフラ費用の増加は落ち着いたものの、「ニコニコ生放送」など集客・収入に直接結びつくサービスへの投資、ユーザーイベント開催費用などの発生によって、本格的な収益への貢献には至っておらず、ポータル事業の売上高は27億7800万円(前年同期比104.4%増)、営業損失は1億4500万円(前年同期は8億8700万円の営業損失)となっている。

【関連記事】
ニコニコ動画に先駆けて、「第2日本テレビ」が単月黒字を達成
ドワンゴ社長「黒字化よりも今は多くの人に利用してもらいたい」
ひろゆき × 元ドコモ夏野氏の最強タッグが誕生!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング