SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

今年のボーナスの使いみち、全年代1位は「国内旅行」
消費のメリハリ志向が鮮明に【電通総研調べ】

 「消費気分調査レポート」は今年の5月に調査が行われ、20~69歳の男女個人(学生除く)1000名から得た回答をまとめた。その結果、消費のメリハリ志向がより鮮明になり、節約の頻度は減少し、ちょっとした贅沢の頻度が増加している。

 2010年度、夏のボーナスの支給予定金額の世帯平均は63.1万円で、昨年の64.5万円とほぼ同額。主な使いみちとしては、「預貯金」21.4万円、「ローンや借金返済」12.4万円、「生活費の補てん」9.5万円、「買い物やレジャー(生活費の補てん除く)」7.7万円となっている。

夏のボーナスの支給予定金額(世帯平均) ※金額記入者のみの平均

 具体的な使い道としては、「国内旅行」を検討している人が28.6%で、全年代1位となった。「海外旅行」は全体では5位だが、20代では3位にランクイン。また、約50の話題商品の中から夏のボーナスの使いみちとして検討しているものの1位は「ブルーレイディスクレコーダー」。そのほかに「LED電球」「最新OS搭載PC」、「スマートフォン」、「LEDバックライト液晶テレビ」、「お取り寄せ地方名産グルメ」など高付加価値の話題商品がランクインしていることから、調査レポートでは、消費意欲の回復を受けた結果だと指摘している。

夏のボーナスの使いみちとして検討している
商品・サービスのジャンル

【関連記事】
この3年間に旅行した人としない人では何が違うのか?
クルマ・旅行だけでなく、若年層の「酒離れ」が進行
若者の旅行離れ、「恋人の有無」が影響

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/06/10 11:45 https://markezine.jp/article/detail/10572

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング