MarkeZine(マーケジン)

記事種別

日本に新たなアドエクスチェンジサービスを
cciが「OpenX Market Japan」を年内スタート

2010/09/01 10:55

 「OpenX Market」は、媒体社あるいはアドネットワーク運営者が自社で広告販売した後の在庫の一部を一元的に集約し、その在庫をリアルタイムオークションベースで提供するオンラインアドエクスチェンジモデルに基づくサービス。cciは、この「OpenX Market Japan」により、ディスプレイ広告の取引活性化を促し、ディスプレイ広告全体の価値向上を目指す。

 「OpenX Market」では、日本市場のために言語、通貨、タイムゾーンなど完全にローカライズされたツールの提供を行う。また米国の主要なDSP(デマンドサイドプラットフォーム:広告会社がキャンペーンを統合的に管理し、効率的な広告在庫のビッディングを行うためのプラットフォーム)、SSP(サプライサイドプラットフォーム:媒体社が収益を最大化するために最も価値の高いオーダーを自動的に選択、受注するための仕組み)と連携済みで、海外企業や海外メディアとの取引機会も提供する。

 cciでは、広告会社が効率的にターゲットオーディエンスにリーチするために必要なオーディエンスデータの提供についても準備を進めている。「OpenX Market Japan」は、年内の開始を予定している。

【関連記事】
マイクロアド、データエクスチェンジ事業に参入
PCアドネットワーク市場、オーディエンスベースの広告売買で流通に変化
オプト、オーディエンスデータを共通化する日本初の「オープンデータプラットフォーム構想」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5