SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本に新たなアドエクスチェンジサービスを
cciが「OpenX Market Japan」を年内スタート

 「OpenX Market」は、媒体社あるいはアドネットワーク運営者が自社で広告販売した後の在庫の一部を一元的に集約し、その在庫をリアルタイムオークションベースで提供するオンラインアドエクスチェンジモデルに基づくサービス。cciは、この「OpenX Market Japan」により、ディスプレイ広告の取引活性化を促し、ディスプレイ広告全体の価値向上を目指す。

 「OpenX Market」では、日本市場のために言語、通貨、タイムゾーンなど完全にローカライズされたツールの提供を行う。また米国の主要なDSP(デマンドサイドプラットフォーム:広告会社がキャンペーンを統合的に管理し、効率的な広告在庫のビッディングを行うためのプラットフォーム)、SSP(サプライサイドプラットフォーム:媒体社が収益を最大化するために最も価値の高いオーダーを自動的に選択、受注するための仕組み)と連携済みで、海外企業や海外メディアとの取引機会も提供する。

 cciでは、広告会社が効率的にターゲットオーディエンスにリーチするために必要なオーディエンスデータの提供についても準備を進めている。「OpenX Market Japan」は、年内の開始を予定している。

【関連記事】
マイクロアド、データエクスチェンジ事業に参入
PCアドネットワーク市場、オーディエンスベースの広告売買で流通に変化
オプト、オーディエンスデータを共通化する日本初の「オープンデータプラットフォーム構想」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング