SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本のソーシャルメディア人口は5060万人

 インプレスR&D インターネットメディア総合研究所は、個人インターネット利用者約5600人を対象として利用実態調査を実施した。2012年5月時点での日本のソーシャルメディア人口の推計値は5060万人。昨年の3530万人から1530万人増加し、特にこの2年間で加速度的に伸びている。そのうち、投稿や書き込みなど何らかの情報発信を行っているユーザーは3290万人と推計され、ソーシャルメディア利用者の65.0%に該当する。

ソーシャルメディア(※)人口推計値
ソーシャルメディア人口推計値

(※)ソーシャルメディアの定義は、SNSとマイクロブログ。ブログや掲示板、YouTube、Q&A、USTREAMなどは含めない。

 SNSの利用率は、mixiが26.1%(昨年は27.0%)、Facebookが24.5%(同8.3%)、Mobageが8.4%(同6.3%)、GREEが7.8%(同8.3%)となっており、Facebookが大きく躍進。Twitterの利用率も昨年の15.5%から26.3%となり、大きく上昇している。

ソーシャルメディア利用率
ソーシャルメディア利用率

 その結果、SNSもしくはマイクロブログを利用しているソーシャルメディア利用者はインターネットユーザーの52.0%にあたり、2人に1人が利用していることになる。利用デバイス別に見ると、スマートフォンでのTwitter利用は40.0%と高く、またFacebook利用も33.5%と高い比率となっている。

【調査概要】
 「インターネット個人利用動向調査2012」
調査設計・分析:株式会社インプレスR&D インターネットメディア総合研究所
調査方法:インタラクティブウェブ調査(ネットリサーチ)
調査対象:全国の自宅からインターネットを行っている13歳以上の個人
有効回答数:5,639
調査期間:2012年5月17日(木)~22日(火)

【関連記事】
大切だと思う人とのつながり「SNS」が最下位
70%以上の企業人事が「いいね!」を押している学生を確認
ゲーム系SNS、4割以上のユーザーが離脱
ミクシィ、身売り報道を否定
Facebookがアジア・太平洋地域の8市場でリーチ1位、伸び悩む日本のSNS人気

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/06/21 14:00 https://markezine.jp/article/detail/15896

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング