SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2012年首都圏商業施設集客力ランキング発表、トップは「渋谷ヒカリエ」

 日経リサーチは、首都圏商業施設の利用実態調査「商圏センサス(首都圏センサス)秋調査」の結果を発表した。

 首都圏にある主要商業施設約700のうち「直近3か月以内に利用した商業施設」を対象者に聞いたところ、今年4月にオープンした「渋谷ヒカリエ」が首位に。ターゲットとする20歳代後半から40歳代の「大人の女性」で軒並み1位を獲得。一方、前回調査で1位だった「ルミネ新宿」は8位に後退した。今年オープンした「東京スカイツリー(東京ソラマチ)」は13位であった。

首都圏集客力ランキング(利用商業施設)トップ10
女性年代別 集客力ランキング

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査対象者:首都圏1都3県在住16歳以上男女一般個人
調査期間:2012年9月21日~10月1日
回収数:14,389サンプル

【関連記事】
JR東日本企画、東京駅で新たなデジタルサイネージメディア放映開始
大丸東京店、地階食品フロアに全長60メートル、1000種類以上のお弁当売り場が登場
medibaが渋谷ヒカリエへ移転、農場をイメージした社内には書類を運ぶ 「トロッコ」も
服を買う場所1位は「大型商業施設」、2位「ネット」 夏服予算、愛知は東京の半分
マルイ、買物しなくてもポイントがたまる「スマポ」導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング