MarkeZine(マーケジン)

記事種別

日本医療データセンター、報道関係者向けに医療統計データの無償提供を開始

2012/11/21 11:00

 日本医療データセンターは、診療報酬明細書(レセプト)に記載された情報をクレンジング、標準化し、「不可逆的匿名化技術」により個人識別できないデータに変換、データベース化することで解析・活用できる体制を構築している。今回、報道関係者が取材などを行う際の参考データとして、このデータベースに基づく医療統計データを無償で提供すると発表した。

 無償提供される1次情報は、母集団数100万人における医療情報をもとに、全国レベルに拡大推計した患者数。表出セグメントは、対象疾患、性別、年齢、入院/外来、薬剤情報。分析期間は最大2年間(2010年1月~)。この1次情報の規格を越える場合は有償となる。

【関連記事】
厚生労働省、「医療機関ホームページガイドライン」を発表
富士フィルム、スマホ活用緊急医療サポートシステム発売
医療系のネット広告・プロモーションを対象にした「eコミュニケーション大賞」 
フジテレビ、3000万人の統計情報をもとにアプリをレコメンドする「Grapps」
他社の統計データも蓄積してマーケティングプランを提案する「Synergy!360」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5