SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本医療データセンター、報道関係者向けに医療統計データの無償提供を開始

 日本医療データセンターは、診療報酬明細書(レセプト)に記載された情報をクレンジング、標準化し、「不可逆的匿名化技術」により個人識別できないデータに変換、データベース化することで解析・活用できる体制を構築している。今回、報道関係者が取材などを行う際の参考データとして、このデータベースに基づく医療統計データを無償で提供すると発表した。

 無償提供される1次情報は、母集団数100万人における医療情報をもとに、全国レベルに拡大推計した患者数。表出セグメントは、対象疾患、性別、年齢、入院/外来、薬剤情報。分析期間は最大2年間(2010年1月~)。この1次情報の規格を越える場合は有償となる。

【関連記事】
厚生労働省、「医療機関ホームページガイドライン」を発表
富士フィルム、スマホ活用緊急医療サポートシステム発売
医療系のネット広告・プロモーションを対象にした「eコミュニケーション大賞」 
フジテレビ、3000万人の統計情報をもとにアプリをレコメンドする「Grapps」
他社の統計データも蓄積してマーケティングプランを提案する「Synergy!360」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング