SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂「HAKUHODO DIVE」スタート~海外BOP層調査からマーケティング活動支援まで

 博報堂の社内専門組織「博報堂ダイバーシティデザイン」は、海外の低所得層(BOP層)の生活を調査し、マーケティング活動をサポートするプログラム「HAKUHODO DIVE」の提供を開始した。

BOP(Base of the Pyramid)とは、世界の所得別人口構成の中で収入が低い所得層を指す言葉。世界人口の約72%の約40億人がBOP層に該当し、そのビジネス規模は約5兆ドル市場ともいわれている。

 BOP層向けのマーケティングは、生活改善という社会的意義とともに、企業の海外ビジネス拡大にも重要なため、注目を集めている。しかし、この層を対象とした調査がまだ少なく、彼らの日常が把握しにくいという課題がある。

 「HAKUHODO DIVE」ではインドネシア・ベトナム・インド・ミャンマーなど各国で、BOP層の生活実態や価値観を探る調査や、彼らが利用する販売チャネルを理解するため、居住エリアに隣接した既存の小売店や体験調査を行うオリジナル店舗「TECK KIOSK」にて販売体験調査などを行う。「TECK KIOSK」は、世界の低所得層向けに活動するNPO法人コペルニクと同社が共同で開発。この度、インドネシアのバリ島にフラッグシップ店舗を開設し、今後は各国での販売体験調査を展開していく予定。

【関連記事】
電通テック、マレーシアとタイに新会社設立~アジア地域におけるプロモーション事業拡大へ
アジアは欧米よりもモノを買う時に「デザイン」重視の傾向が強い?
D2C、タイ・MCFIVA社と資本業務提携~アジア地域におけるの事業展開強化へ
電通とツインプラネット、アジアで女子向けマーケティング支援
日本のマンガ・アニメ人気、アジア10都市で定着か【博報堂調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/03/06 11:00 https://markezine.jp/article/detail/19407

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング