SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google、AdSense広告ユニットの管理をサーバーサイドで提供

 Googleは、AdSense広告の管理システムを刷新したことを公式ブログで発表した。これまで、広告ユニットの色やチャネルなどを変更するときは、新たに生成した広告コードを媒体サイト上で手で差し替える作業が発生していたが、新しい管理システムでは、一度コードを作成してサイトに貼り付けるとAdSenseアカウントに設定が保存され、変更を直接確認することができる。

 新しい管理システムを利用するには、「AdSense 設定」タブの「広告を取得」リンクから「コンテンツ向け AdSense」を選択して、新しい広告ユニットを設定。生成されたコードを取得し、これまでどおりそのコードをサイトに貼り付ける。その後広告ユニットを変更するときには、「AdSense設定」タブの「広告の管理」ページを開いて、最近作成されたアクティブなAdSenseユニットを表示する。ここでユニットの設定を変更すると、プレビューでその内容を確認・保存することができると同時に、このコードが含まれる、すべてのサイト上の広告ユニットに変更が反映される。

 変更した設定が反映されるのには10分ほどの時間がかかるという。また、古い広告ユニットを管理可能なものに交換するときには、「コードのインポート」オプションを使用する。現在、この管理オプションは、「コンテンツ向けAdSense」と「紹介ユニット」の2つで利用可能となっている。

"Simplified ad management is rolling out now" (Google AdSense Blog)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/11/06 15:21 https://markezine.jp/article/detail/2074

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング