SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

米Amazonの新しい読書用端末「Kindle」は、接続無料など新しい試みが満載

 米Amazonは、11月19日、高解像度のディスプレイを備えた読書用端末「Kindle」を339ドルで発売した。Kindleは、ワイヤレスでデータをダウンロード可能で、新聞・書籍・雑誌・のデータからブログまで取り込んで表示することができる。米Amazonは、専門のショップ「Kindle Store」を立ち上げ、9万点にも及ぶデータを販売する。

「Kindle」には小さなキーボードが付いていて、本にメモを付けることができる。
Kindleのメールアドレス宛に、WordやHTML、テキストや画像ファイルを送ることも可能。

 Kindleは、「Amazon Whispernet」というワイヤスなデリバリーシステムによって、最先端の携帯電話並みの高速データ通信を実現。PCやWi-Fiホットスポットがなくても、本1冊分のデータを1分未満でダウンロードすることができるという。しかも無線接続料金はAmazonが負担する。

 新聞や雑誌、ブログは自動的に利用者にデータが届けられるしくみになっており、Kindleでの新聞購読は月額5.99~14.99ドル、雑誌購読は月額1.25~3.49ドル。すべての新聞と雑誌は2週間分のお試し期間がある。本もほとんどのタイトルが最初の1章分を無料でダウンロード可能。またKindleでは、Slashdot、TechCrunchなどの情報量が多く、人気のブログにもアクセス可能で、月額0.99ドルでデータを届けてくれる。こちらも2週間のお試し期間付きだ。さらに、Kindleには辞書が組み込まれ、オンラインの百科事典「Wikipedia」にシームレスにアクセスすることができる。

 さらに、Amazonは専用サイト(http://dtp.amazon.com)で契約した版社や著者に対して、新しいDTPツールを提供し、誰でもKindle Storeでデータをアップロードして、販売することが可能になるとしている。米大手新聞サイトが、コンテンツの無償化を進めるなか、ブログ購読を有料で行うAmazonのこの戦略がどう評価されるか、今年の年末商戦が楽しみだ。

プレスリリース:"Introducing Amazon Kindle"

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング