SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アタラ、アトリビューション分析支援ソリューション「Bird」リリース

 アタラは、2016年6月21日、アトリビューション分析支援ソリューション「Bird(バード)」の提供を開始した。Birdは『Budget intelligent re-allocation driver』の頭文字をとっている。

 これまでアトリビューション分析を実行するにあたり、コンバージョンパス(経路)データからメディア貢献度を図るための指標であるアトリビューションスコアを算出する上で、データ解析を実行して処理するまでに時間を要していた。しかし、Google BigQueryなどのクラウド技術を活用したシステムにより、解析時間が大幅に短縮され、分析コンサルティングからレポーティングまでをより速く提供することが可能に。Birdを活用することで、アトリビューションマネジメントの判断を高速化し、高い頻度で適切なアロケーション計画を実行することができる。

 また、コンバージョンパスデータからさまざまな分析視点でデータマイニング処理を実現し、バリエーション豊富なアウトプットパッケージの提供を実現。Birdは社内向けのインフラだが、今後は外部提供も視野にいれて開発を強化していく予定だ。

【関連記事】
Kenshoo、ソーシャルメディア管理プラットフォームを提供するHootsuite社と業務提携へ
電通、アトリビューション領域に強みを持つ米ロケット・インタラクティブ社の株式取得へ
エクスペリアン「CCMP」がアップデート~システムビルトイン型のアトリビューション分析機能も
ALBERT、TVCMなどオフライン広告の評価を含む包括的アトリビューション分析サービス提供へ
トライステージ、ブレインパッドとマーケティング予算配分最適化サービス開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/06/21 11:45 https://markezine.jp/article/detail/24630

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング