SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第66号(2021年6月号)
特集「SNSプラットフォーム徹底解剖」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

エム・データとマイクロソフトがAIの共同実証実験を開始 理想的なアウトプットとコストバランスを目指す

 エム・データは、日本マイクロソフトと共同で「A Ideal(エイ・アイデアル)プロジェクト(仮称)」を発足した。同プロジェクトは、マイクロソフトのAIサービスを活用し、メディアやコンテンツへの自動解析結果を人力で補完することで、理想的なアウトプットとコストバランスを目指すもの。両社は同プロジェクトにおいて、共同で実証実験を開始する。

「A Ideal(エイ・アイデアル)プロジェクト(仮称)」イメージ
「A Ideal(エイ・アイデアル)プロジェクト(仮称)」イメージ

 具体的には、テレビやラジオの番組・CMなどのメディアやコンテンツの内容から理想的なメタデータを生成する実証実験「A Ideal meta(仮称)」を行う。この実験では、まずメディアやコンテンツに含まれる音声をAIが自動解析し、内容をテキスト化。流行語・人名・商品名・特定の固有名詞などの新語や造語を正しく検知できない場合に、人力によって理想的なアウトプットに成形する。

 また、AIへ投入する学習データのクレンジングを行う「A Ideal cleansing(仮称)」の実証実験もスタート。特に汎用AIや機械学習エンジンに事前学習させるデータに関して、AIの特性に合わせたデータクレンジングを実施する。

【関連記事】
Datoramaがエム・データの「TVメタデータ」連携 TV・デジタル広告と売上等を一元的に可視化
人工知能と人間は感情共有できるか、「女子高生AIりんな」にTV放送実績データを取り込み研究へ
エム・データとFULLERが業務提携~テレビCMとアプリ利用データの相関分析や効果測定が可能に
JALとNEC、AIを活用して航空券の購入予測分析を自動化する実証実験を実施
顔認識AIが性別・年代・表情を推定しお勧めの本を紹介!sMedioとトーハン、AI書店員を開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング