SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

プレスリリースがワンタッチでPDFファイルに PR TIMESに新機能

 PR TIMESは、プレスリリース配信サービス「PR TIMES」において、登録したプレスリリースをPDFファイルにできる機能を新たに追加した。

 下書き保存中・予約配信設定・配信後のプレスリリース、すべてに使用することが可能。ファイル冒頭には、記者が一目でプレスリリースと認識できる表記と、発信企業のロゴが入る。ファイル末尾にはプレスリリースURLと問い合わせ先が入るようになっている。

PDFファイル化したプレスリリースの例
PDFファイル化したプレスリリースの例

 ワンタッチPDF作成機能を使えば、従来のようにWordやPowerPointでプレスリリースファイルを作成しなくとも、PR TIMESに登録したものをメール添付や印刷可能なPDFファイルにすることができる。

【リリースPDF作成機能の使い方】
1.PR TIMESの企業管理画面へログイン
2.プレスリリース編集ページへ進む
3.ページ上部の「PDFでダウンロード」押下する

【関連記事】
PR TIMESがプレスリリース映像化/プレスイベントLIVE配信に対応へ 動画PRのハードル下げる
タスク管理ツール「Jooto」をPR TIMESが事業譲受 広報の他部署連携やCS支援でシナジー狙う
PR TIME、利用企業数が15,000社突破~2016年度中に16,000社目指す
ピクスタとPR TIMESが業務提携、プレスリリースへPIXTAの画像素材を利用可能に
PR TIMES、利用企業数が14,000社突破~直近2.5ヶ月で1,000社増加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/04/19 10:00 https://markezine.jp/article/detail/28277

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング