SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

AJA SSPがIndex Exchangeのヘッダービディングソリューションに対応

 サイバーエージェントの連結子会社・AJAが運営するメディア向け広告配信プラットフォーム「AJA SSP」が、Index Exchangeのヘッダービディングソリューション「Header Tag」に対応開始した。

 ヘッダービディングは、媒体社が運営するメディアに広告が配信される前に複数の事業者間で公平な入札競争を行うことで、広告在庫の品質に適した価格の広告案件の配信を可能とする仕組み。メディアの収益改善が期待できるソリューションとして、日本国内のメディアで導入が進んでいるという。

 今回の対応により、Index Exchangeが提供するヘッダービディングソリューション「Header Tag」を利用しているメディアは、ビッダーとして「AJA SSP」を選択することが可能になった。AJAによると「AJA SSP」は、独自のプレミアムな広告主による広告案件の保有を特長としており、ビッダーに追加することで、デマンドの増加による広告収益のさらなる向上が期待できるという。

【関連記事】
Logicad for Publishersがヘッダービディングによる広告配信を開始
DNPとFLUX、広告枠の収益最大化を支援する「DNPヘッダービディングソリューション」を提供開始
フジテレビのデジタルメディア「FNN.jp」が「FLUXヘッダービディングソリューション」を本格運用
「Ad Generation」のヘッダービディングによる広告配信が「ネイティブ広告」へも対応開始
ネイティブフォーマットの広告枠が利用可能に AJA、SSP内のヘッダービディング式広告配信を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/01/09 12:10 https://markezine.jp/article/detail/32726

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング