SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2008年検索連動型広告市場は1245億円、検索連動型広告に効果を感じている企業は52.3%

 動画、音声の増加によって、インターネット上で検索可能な情報量は、2009年までの5年間に6倍に増加している。2008年の検索エンジンの月間延べ利用者数は4775万人で、その伸びは、インターネット利用者の伸びを上回る勢いとなっている。

 2008年度のPC向け検索連動型広告市場は1245億円。2010年には現在のラジオ広告市場と並ぶ1524億円への市場成長が見込まれる。

検索連動型広告等の市場規模の推移
※野村総合研究所「IT市場ナビゲーター2009年版」を元に作成。
モバイル検索連動、モバイルターゲティング広告はモバイルに含まれる。

 企業は、特定の層に向けた認知度の向上にインターネットメディアを利用する傾向があり、ブログやメールマガジンは特にその傾向が強い。また、ショッピングモールは、店舗や販売サイトへの誘導に利用される傾向がある。

 検索連動型広告などに効果を感じている企業は全体の52.3%に達しており、情報通信業(ISP等)、飲食・宿泊業、製造業(自動車、家電等)で効果を感じる企業が多い。また、検索エンジンによる検索結果の上位表示等に効果があると回答した企業は、電子商取引売上比率と売上増加率の間に正の相関関係があることがわかった。

【関連記事】
真に影響力のあるメディアは? 検索サイトの接触率は年代によって70%もの大差
マイクロソフトとヤフー、検索事業で提携へ
「ながら利用」を意識したモバイル検索サービス「NAVERモバイル β」公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング