SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

3Dテレビ、7割が「購入予定なし」

 3D映画「アバター」などの成功によって、家庭でも3D対応テレビがどれだけ普及するのかに注目が集まっている。6月に行われた調査では、価格.comユーザー8957人(男性87.0%、女性13.0%)から回答を得た。 

 今後1年以内にテレビの購入を予定している人は55.8%にのぼっているが、購入時の3D機能については、「重視する」と答えた人は25.6%にとどまった。購入しない理由としては「メガネ装着がわずらわしい」と「価格が高い」が多く、コンテンツの少なさなどにも不満があるようだ。

 では、3D非対応テレビとの価格差がどれくらいなら3Dテレビを買うかをたずねたところ、1位は「1万~3万円未満」、次いで「5千~1万円未満」となっており、3D映像の魅力を伝えることと価格設定について、メーカーの努力が求められそうだ。

【関連記事】
世界初3Dライブ中継、阪神vsヤクルト戦で
任天堂が「ニンテンドー3DS」を初公開
日本代表、再びツイッター最多秒間ツイート数を更新

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング