SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

@niftyメールに「消せるメール」機能を追加、未読なら取り消し可能に

 ニフティが提供するメールサービス「@niftyメール」に、いったんメールを送信しても、相手が読む前であれば取り消すことができる「消せるメール」機能が、7月19日から追加された。

 この機能は、メール内容や宛先を間違えて送信したときのために、送信前に事前に取り消し設定をすることで、送信先の相手がそのメールを読む前に取り消すことを可能にするもの。Webメールからメールを作成する場合は、「消せるメールとして送信」にチェックを入れて送信し、取り消すときは、相手のメールの「開封/未開封」を確認し、「未開封」となっている場合に取り消すことができる。取り消す際に、コメントを入力して取り消した理由を相手に伝えることもできる。

 「消せるメール」の受信は、Webメールとして受信する場合は通常と変わらないが、メールソフトなどを利用して受信する場合は、@niftyから送信されたメールとして表示され、記載されているURLをクリックしてパスワードを入力することでメールの本文を閲覧できる。また、メールが取り消された場合は、いずれの場合も取り消されたことを示すテキストが送信される。

プレスリリース:ニフティ、「@niftyメール」に「消せるメール」機能を追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/07/20 18:02 https://markezine.jp/article/detail/1488

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング