SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Evernote、社内の知識共有に使える「Evernote Business」リリース

 ファイルやメモなど手軽に記録・保存し、共有できるサービス「Evernote」で、企業向けのサービス「Evernote Business」の提供が始まった。このサービスに参加すると、ユーザーアカウントがアップグレードされ、個人のノートブックだけでなく、「ビジネスノートブック」も作成できる。そこに保存された内容は会社全体の共有知識となる。管理者は各ユーザーのアカウント内にあるビジネスノートブックにはアクセスできるが、個人のノートブックを見たりアクセスしたりすることはできない。

 「ビジネスライブラリ」は、会社内の誰もが使える、ビジネスノートブックを一元に管理する場所。ここには、従業員なら誰でもビジネスノートブックを公開できる。管理者はビジネスライブラリの管理権限を持ち、特にみんなに見てもらいたいノートブックをおすすめ設定し、目立たせることも可能だ。

 ビジネスノートブックとビジネスライブラリによって、チーム内で蓄積された知識に全員がアクセスできるようになる。知識共有をアシストする機能として、Evernote内の検索のほか、Web検索とEvernote Businessを一緒に検索できる機能もある。また、「Evernote for Mac」の最新版では、関連するノートも表示される。

 Evernote Businessは、Mac、Windows、Web、iPhone、iPad、Android、Android タブレットに対応。これらのプラットフォームのデータはすべて同期される。利用料金はユーザー1人につき月額900円。

【関連記事】
iPhoneで撮影するとEvernoteに保存できるモレスキンの「Evernote スマートノートブック」
「Evernote」と組み合わせた展示会や店頭での資料配布サービス
Google+を企業SNSに進化させる「Google+ Premium」機能をローンチ
サイバーエージェントの社員総会に緊張が走った 「ミスマッチ制度」とは?
グーグル、よりインテリジェントな検索を可能にする「ナレッジグラフ」を導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/12/05 14:40 https://markezine.jp/article/detail/16887

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング