SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「MUJI×UR 団地リノベーションプロジェクト」の住宅が完成

 UR西日本支社と無印良品が2012年6月に立ち上げた「MUJI×UR 団地リノベーションプロジェクト」では、日本の団地の歴史を古きよきものとして活かしつつ、長く心地よく利用できるよう、「こわしすぎず、つくりすぎない」というコンセプトでリノベーションを行っている。

 対象となった各団地では、それぞれ住みやすさを追求した試みがなされている。たとえば、「リバーサイドしろきた」では、家具などで自由に仕切れるよう小天井を設け、ゆるやかな一室空間を実現。「泉北茶山台二丁」では、床材に麦わらパネルを使用。「新千里西町」では、麻畳を敷いた一体空間で、ゆったりくつろげる空間を実現している。また、新千里西町団地では、UR西日本支社のはじめての取組みとして、「シェアルーム」を想定したプランを提案している。

 かつて公団は、ダイニングキッチンにテーブルを据え付けて供給し、それまでの生活様式をDKスタイルへと一変させた歴史がある。今回のプロジェクトで開発された「組合せキッチン」は限られたスペースの中でキッチンと同寸法のテーブルを組み合わせることで、住まい方に応じたレイアウトが可能となっている。

 各物件は、2月上旬から、UR西日本支社ホームページで募集情報の配信をスタートする。

【関連記事】
2年無料で「無印良品の家(家具付き)」に住んでくれる家族を募集!
ソーシャルメディアを通して好きになった企業・ブランド1位は「無印良品」
無印良品、ネットストアのクーポンをお店で使える新サービス
無印良品×三菱地所、気持ちのいい集合住宅「MUJI VILLAGE」プロジェクトを発表
電子書籍を読む場所、9割が「自宅」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/01/11 16:30 https://markezine.jp/article/detail/17042

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング