MarkeZine(マーケジン)

記事種別

マイクロアドとベクトル、合弁会社設立~アドテクとPRを融合した新ネイティブアドサービス共同展開へ

2014/09/08 08:30

 マイクロアドは、総合PR会社のベクトルと共同出資により、合弁会社『ニューステクノロジー』の設立に合意した。アドテクノロジーとPRを融合した新ネイティブアドサービスの共同展開を10月1日より開始する。

ネイティブアドとは、ユーザーが通常利用しているメディアもしくはサービスの中で、違和感なく自然になじむデザインや機能で表示される広告のこと。ソーシャルメディア等のネイティブ広告費は2014年に31億ドル、2017年には50億ドルにまで達すると予測されている。(BIA/Kelsey調べ)

 昨今、米国および日本国内において従来のディスプレイ広告に取って代わる新しい広告手法として「ネイティブアド」に注目が集まっている。国内では関連サービスの新規参入も増加傾向にあり、ネイティブアドを活用したコンテンツマーケティングの更なる拡大が見込まれる。このような背景から、両社はアドテクノロジーとPRを融合した新ネイティブアドサービスの提供を目的に、合弁会社設立の基本合意に至った。

 ニューステクノロジーが提供を開始する新サービス「BLADE PR」とは、PRとして露出された編集記事のクリエイティブやコンテンツを、外部メディアの広告枠及び記事下の関連記事に表示させ、ターゲットとなる適切なユーザーに記事を届けるサービス。本サービス開始に伴い、クライアントが求めるより良質な記事を届けるWEBメディアの運営も開始する。

【関連記事】
実名グルメサービス「Retty」、ネイティブアド商品リリース
インターネット広告推進協議会が「ネイティブアド研究会」を発足
「Antenna」、スマホユーザーの生活行動に最適化したネイティブアドサービス開始
2014年アドテク広告市場は2,258億円/2015年にはスマホ広告がPC広告を上回る見込み
ソフトバンクテレコムとオプト、合弁会社設立~ICTとアドテクを融合したマーケティング支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5