MarkeZine(マーケジン)

記事種別

IBM、リード育成管理が可能なマーケティング・オートメーション「Silverpop Engage」

2014/12/01 11:00

 「Silverpop Engage(シルバーポップ・エンゲージ)」は、主にリード育成管理とマーケティング業務の自動化により、企業のデジタル・マーケティングを包括的に支援するSaaS型のソリューション。リード育成管理では、施策別の購入実績、Eメールの開封、Webサイトのクリックなどの顧客行動で施策を評価し、リードのスコアリングとナーチャリングを行なう。

 マーケティング業務の自動化では、顧客ごとにカスタマイズしたEメールの大量配信が可能なEメール・マーケティングをはじめ、顧客の行動に基づきパーソナライズしたコミュニケーションをオムニチャネルで実現。

 マーケティング・オートメーション、コンテンツ・マネージメント、ソーシャルメディア連携、顧客分析といった高度なデジタル・マーケティング機能が、リード管理育成機能と完全に統合され、いずれも拡張が可能であることから、B2Cマーケティングだけでなく、B2Bマーケティングにおけるキャンペーンの企画から各顧客に対する効果の測定まで一貫して行うことができる。

 主な特徴は以下のとおり。

・顧客の属性情報、EメールやWebサイト、ソーシャルメディアにおける行動情報の蓄積
・API接続によるコールログや店頭来店、イベントでのコンタクトなどオフライン・データの取込み
・技術的な知識をほとんど必要としない直感的なユーザー・インターフェイスで、カスタマージャーニーと行動情報に基づき自動化マーケティング施策の設定
・施策のマーケティングROIを分析評価
・B2CおよびB2Bのターゲット・ユーザーを効率的に抽出し、スコアを付けて評価

 「IBM Silverpop Engage」は初期費用200万円、月額25万円(税別)より提供する。

【関連記事】
リードナーチャリングを自動化する「Oracle Eloqua」提供開始
マルケトの日本法人社長に元セールスフォース専務の福田康隆氏就任
マルケト、独自エコシステムでサードパーティのソリューション開発を後押し、その数は400を突破
アップル、モバイル広告プラットフォーム「iAd」自動化でRubicon Projectを採用
オラクル、BlueKaiのDMPと「Oracle Marketing Cloud」を統合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5