SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

グリー、啓発要素とゲーム開発のノウハウを融合した中学生向けアプリの提供を開始

 グリーは、スマートフォンやインターネットの安心安全な利用方法を中学生が主体的に考え、楽しみながら学べるアプリ「魂の交渉屋とボクの物語‐Soul Negotiator‐」の提供を開始した。同アプリはスマートフォンやインターネットの利用時に実際に起こり得るケースを題材とした、本格シナリオのゲーム。

 ゲームを通して、自然と安心安全な利用方法について考え、ネットリテラシーが向上できる仕組みが随所に施されている。選んだ選択肢によって複数のエンディングが用意されているため、子どもがひとりで楽しめるのはもちろんのこと、教育現場で班やチームになって一緒に考える教材として、さらには親子の会話の題材として活用することが可能。なお、ゲームの監修は千葉大学教育学部教授の藤川大祐氏が担当している。

【関連記事】
LINE、青少年のネット利用実態に関する全国調査を実施へ~ネット上のトラブル防止と啓発を強化
カヤックとサカワ、ハイブリット黒板アプリ「Kocri」で教育現場のイノベーション創出を目指す
北海道とヤフー、農業科単科高校でデジタル人材育成プログラム開始
グリーと千葉大学教育学部、ゲームと学びに関する授業を共同で実施
LINE×静岡大学、ネットの使い方自ら考える「小中学生向け情報モラル教材」の配布開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/09/09 09:00 https://markezine.jp/article/detail/23070

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング