SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

NTTドコモ、「みんなのVR」提供へ~クロスメディアと共同開発でVRサービスをより手軽に

 NTTドコモは、6月30日より、手軽にVR施策を企画・運営できるサービス「みんなのVR」を開始する。同サービスは、クロスデバイスと共同で開発した「みんなのVRTM」アプリと、クラウド管理サーバーをパッケージ化することで実現した。

 同サービスでは、法人企業などが所有するVRコンテンツを利用することで、手軽かつ新たなコストをかけずにVR配信を行うことが可能に。また、VRコンテンツはクラウド管理サーバーで管理できるため、遠隔地でのVRコンテンツ編集や更新作業、再生数の集計と閲覧もできる。

 VRを視聴する際は、操作用のタブレットとヘッドマウントディスプレイに装着するVR視聴用のスマートフォンをWi-Fiで連携。視聴中のVRコンテンツは同時にタブレットや大画面モニターに出力できるため、家族や友人などと映像を共有することができる。

 また、同サービスの第一弾として、青森県大鰐町のVRプロモーションの体験イベントを開催予定。同社は、同サービスを通し、地域の魅力的な観光資源などを伝えることで、地域活性化を支援していく。

【関連記事】
NTTドコモ、ゼンリンら3社、AI機能を駆使し「自分だけのカーナビ」を提供
LINE ビジネスコネクト向けサービス「TONARIWA」とドコモのチャットボット連携 グリコが導入
KCCS、QRコードでクロスデバイスのユーザ紐付ける技術開発 特許も取得
DAC、データ解析による新たなクロスデバイスサービスの提供を開始
iFashion Lab、「子供服×VR展示会」をネットとリアルで同時開催

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/06/19 11:00 https://markezine.jp/article/detail/26649

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング