SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

技研商事インターナショナル、商圏の「比較分析レポート」機能を追加

 MIPは、店舗情報や顧客情報といったデータと位置情報、商圏データ、エリア統計データなどのジオデータと連携させ、店舗の商圏分析データの一元管理を可能にし、各階層・部門での意思決定の最適化を支援する。

MIPの概念図
MIPの概念図

 また、ジオデータを店舗管理システムや顧客情報システム(CRM)、POSシステム、BIツールやMAツールなど、様々なシステムと連携するための「API群」や「データプラットフォーム」および著作権、商用利用をクリアにした「統計データベース」を準備しているのが特徴だ。

比較分析レポート
比較分析レポート

 今回リリースした比較分析レポートは、自社店舗全体や競合チェーンの商圏情報から判断基準・しきい値を導き出すことが可能になっている。これにより、多店舗展開を行うチェーン企業や生活者をターゲットとする消費財メーカーにおけるデータドリブンでの意思決定をより一層高度に支援できるようになった。

【関連記事】
DACとGSI、商圏分析後に高精度な居住エリアターゲティングによるオンライン広告配信を実現
良品計画がウイングアーク1st「MotionBoard Cloud」を導入、商圏分析に活用へ
「CMログリサーチ」リリース CM接触ログとアンケート分析でTVCMの有効接触回数を明らかに
広告レポート自動作成ツール「アドレポ」、セプテーニにて導入開始 Google BigQueryに接続
朝日広告社、CMO・部門長向けにクラウド型統合マーケティング管理プラットフォームを発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/07/31 13:00 https://markezine.jp/article/detail/26872

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング