SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

AIメッセンジャー、チャットでのプッシュ型コミュニケーションを支援

 サイバーエージェントのアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは、人工知能を活用したチャットボット事業を行う連結子会社であるAIメッセンジャーにおいて、企業からユーザーへのプッシュ型コミュニケーションをチャットで行うアウトバウンドチャットサービス「AI アウトバウンド」を開始した。

 AIメッセンジャーでは、AIによるチャットボットサービスだけではなく、チャットによるカスタマーサポートを行うオペレーター組織「沖縄チャットセンター」を保有し、企業とユーザーのチャットコミュニケーションを支援してきた。また、同社は「LINE ビジネスコネクト」を中心にCRMの運用で、同社へのアカウント移行後のCTRがメール配信に比べ平均1000%以上、投資対効果(ROI)を平均400%以上に引き上げた実績などを保有している。

 そして同社はこれらの運用の中で得られたプッシュメッセージなどにおけるノウハウを活用したサービスが今回提供を開始した「AI アウトバウンド」だ。同サービスは、プッシュ型のコミュニケーションによりユーザーのチャット活用を推進し、企業の新たなチャネルとしての確立と顧客ロイヤリティ・収益の向上を図るサービスとなっている。

 くわえてAIメッセンジャーでは、従来の問い合わせ対応とアウトバウンドチャット対応の知見を「LINE ビジネスコネクト」などのCRM運用に還元するエコシステムを構築。これにより、企業におけるユーザーとのチャットコミュニケーション全体の品質向上・収益向上を図る。

【関連記事】
2017年の動画広告市場予測、前年対比163%成長の1,374億円に【サイバーエージェント調査】
サイバーエージェントの縦型動画アドネットワーク「LODEO」、「DELISH KITCHEN」と連携
サイバーエージェント、映画やTVCMなど制作実績多数のロボットと広告制作ソリューションを開発
AIメッセンジャー、沖縄チャットセンターの24時間365日対応を開始 応答内容をAIの学習に利用
サイバーエージェント、人工知能を活用したチャットボット事業行う子会社を設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング