MarkeZine(マーケジン)

記事種別

広告クリエイティブの効果などを分析!ソフトバンク、AIで画像解析できるマーケティングツールをリリース

2018/02/07 13:00

 ソフトバンクは、ディマージシェアが開発した、AIで画像解析するマーケティングツール「Creative Analytics」と「Social Media Analytics」の提供を開始した。

 これらのツールは、広告クリエイティブの効果やソーシャルメディアの反響を分析することができるもの。開発企業であるディマージシェアは、「AI×デジタルマーケティング×AD」のテクノロジーを軸に「デジタルクラウドプラットフォーム」を展開している。

 「Creative Analytics」では、広告画像データとその運用結果を学習し、高い広告効果があった画像の構成要素や集客などの傾向地を分析・可視化することが可能。広告プロモーションにおいて、集客効果が高い画像のレイアウトや色彩がわかることで、主観的・属人的になりがちな広告クリエイティブ制作を客観的に行うことができる。

 一方「Social Media Analytics」は、あらかじめ商品の画像を学習した上で、分析対象のソーシャルメディア上に投稿された商品の画像やテキストを検索および収集し、ソーシャルメディア上でその商品の反響がどれくらいあるかを分析する。さらに反響があったユーザー層の属性を分析し、潜在顧客やインフルエンサーを把握することも可能だ。

【関連記事】
ヤフー、AI×ビッグデータで顧客を支援する実証実験を本格化 日産やなどに続く参画者を募集
サイバーバズ、東大との産学連携を開始 AIがSNS投稿に適したタグを提案する技術を研究開発
SnSnap、紙の招待状のデジタル化進めるサービス提供 LINEで追加情報の案内など可能に
トライバル、SnSnapとLINEのビジコネ活用した来場促進施策をサンリオピューロランドで実施
動画広告でのUGC活用が手軽に!アライドアーキテクツ、「Letro」に新機能を搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5