SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

人気キャラクターの「LINE絵文字」販売開始/「絵文字コミュニケーション」に関する調査結果も発表

 LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」において、トーク上で様々なキャラクターの絵文字が楽しめる「LINE絵文字」の販売を開始した。この販売に先立ち「絵文字コミュニケーション」に関するネット調査を実施し、調査結果を発表した。

「LINE絵文字」のイメージ
「LINE絵文字」のイメージ

人気キャラクターを“絵文字”にした「LINE絵文字」

 「LINE」では、2011年6月のサービス開始当初より顔・記号・建物・動物のイラストが楽しめる「絵文字」を展開、現在では1,000種類以上の絵文字が利用可能だ。また、2017年7月には、ひらがな・カタカナ・アルファベットなどをカラフルにした「デコ文字」も追加し、テキストや絵文字と組み合わせることで、感情豊かで自分らしい表現が可能となった。

 今回、人気キャラクターを“絵文字”にした「LINE絵文字」を新たに発売。ブラウンやチョコといったLINEキャラクターをはじめ、ディズニー(ミッキーマウス)・ハローキティ・うさまるといった5シリーズ(合計200種類)を展開、バリエーション豊かなキャラクターたちの「LINE絵文字」がトークを演出する。「LINE」アプリ内のスタンプショップにて、240円(税込)または100コインで購入できる。

 今後も、スヌーピーやドラえもん、リラックマ、あらいぐまラスカルなど様々なキャラクターによる「LINE絵文字」の追加を予定している。

全体の9割が「過去1年の間にLINE上の絵文字を使ったことがある」と回答

 LINEでは、「絵文字コミュニケーション」に関するネット調査を実施。調査結果によると、全体の9割のユーザーが「過去1年の間にLINE上の絵文字を使ったことがある」と回答し、全体の約8割のユーザーが「過去1ヶ月の間にデコ文字を使ったことがある」と回答した。

 また、使い方についても質問したところ、絵文字をスタンプとして送信したり、テキストメッセージの中の固有名詞を絵文字に置き換えて使用したり、絵文字を複数使ってアートを作ったりするなど、様々な使い方をされていることがわかった。

「絵文字コミュニケーション」に関するネット調査結果
「絵文字コミュニケーション」に関するネット調査結果

 絵文字の使い方をさらに詳しく聞いたところ、トーク内での使用頻度としては「テキストメッセージの内容に関連して、文の末尾に絵文字を追加する」ことが最も多い結果となった。

絵文字のトーク内での使用頻度ランキング
絵文字のトーク内での使用頻度ランキング

【調査概要】
調査対象:LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査実施期間:2017/8/10(木) 18:00~2017/8/15(火) 10:00
回答者数:6,735人
調査対象:日本全国

【関連記事】
LINEのAIアシスタント「Clova」からホームIoTサービスが登場 家電の操作が可能に
LINE、ブロックチェーンの研究・開発を行う専門組織「LINE Blockchain Lab」を設立
LINEショッピングにZOZOTOWN他が参加 月間アクティブユーザーは1,000万人を突破
熊本市とLINE、校区単位で身近な地域情報を発信する熊本市LINEアカウントを開設
電通デジタル、トランスコスモスらとLINEマーケティング支援を開始 Salesforce製品ベースに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング