SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

デジタルアーツ、企業・官公庁向けフィルタリング市場のトップシェア34%を獲得

 ミック経済研究所の調査結果によると、2007年度の国内フィルタリング市場規模は70億5,000万円と推定。このうち、デジタルアーツの市場シェアは34%となり、企業/官公庁向けフィルタリングソフトメーカーのシェア第1位を獲得した。同社のシェアは2006年、2007年、2008年にそれぞれ、31.3%、34.0%、35.4%と伸びている。

 デジタルアーツは1997年に、国産初のフィルタリングソフトを開発し、教育機関から、企業、官公庁や公共団体へと販売を拡大。近年では、J-SOX法の施行に備えてWebのアクセス監視やログ監視を行いたいという企業ニーズが増加した結果、Webフィルタリングソフトへの注目が高まっている。

 同社は2007年Webフィルタリングソフト店頭販売実績(BCN調べ)においても、家庭向製品シェアの80%を獲得しており、企業/官公庁向け製品と家庭向け製品、両市場においてトップシェアを獲得したことになる。

【関連リンク】
【携帯フィルタリング意識調査】9割以上の保護者が「フィルタリングサービスは必要」と回答
デジタルアーツ、有害サイトフィルタリングソフト最新版のダウンロード先行販売スタート
モバゲー包囲網?携帯フィルタリング騒動の裏にあるもうひとつの背景
モバゲーを運営するDeNAの時価総額は1500億円毀損、携帯フィルタリング導入政策の大きすぎる波紋
ネットスター、ネット犯罪から子どもを守る 複合カフェ業界向けフィルタリングサービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング