MarkeZine(マーケジン)

記事種別

広告費で「乗車料金0円」を実現!DeNA、タクシー配車アプリ「MOV」内で新たな取り組みを開始

2018/12/05 16:00

 DeNAは12月5日、次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」の東京都内(東京都23区および武蔵野市・三鷹市)でのサービス開始にともない、利用シーンや個別のニーズに応じた新しい移動体験を実現する取り組み「PROJECT MOV」を始動。その第一弾として、乗客の利用料金が無料となる(※)「0円(ぜろえん)タクシー」の走行を同日より開始した。

「0円タクシー」イメージ
「0円タクシー」イメージ

 「0円タクシー」では、契約するスポンサー企業と「MOV」の広告宣伝費によって、乗客が支払う利用料金が無料となる。スポンサーは、同アプリで配車できるタクシーの車体ラッピングや車内での宣伝を通じて、自社が展開する商品・サービスの認知獲得や購買への誘導を狙うことができる。

 タクシーの車内は、乗客に直接接触でき、コミュニケーションの自由度も高いため、効果的な広告媒体と考えられている。「0円タクシー」では今後、車内での試供品提供やサービスの体験、車内専用コンテンツなど様々な広告が展開される予定だ。

 これによって、タクシー事業者においては、これまでタクシーを利用していなかった層の取り込みが見込める。また、スポンサーと「MOV」両者からの広告宣伝費によって通常通りの乗車料金が支払われるため、新たな収益モデルの構築にも期待ができる。

 なお、同キャンペーンの初回スポンサーは、日清食品の「日清のどん兵衛」に決定。2018年12月5~31日の期間中、都内対象エリアで50台が運行をする。今回のキャンペーンでは、タクシー車両に専用のラッピングと内装が施され、車内の専用タブレットでは、同社の新商品「ツキを『招く』月見そば」のプロモーション動画が流される。

「0円タクシー by 日清のどん兵衛」で運行されるタクシー

※ 利用料金が無料となるのは、アプリ経由で各日7:00~22:00までに配車依頼を完了した場合のみとなり、目的地が東京都23区内の場合に限られる。なお、それ以外の場所に行く際には、迎車料金を含めた全額を通常通り支払う必要がある。また、経由地の指定・途中での待機は認められていない。

【関連記事】
DeNA、AI・クラウド・ITS分野のエンジニアを集めた横断組織を発足 交通システム不全の解消へ
DeNAらから独立したスペシャリストらが「ONNE」を新設 マーケティングの無料相談サービスを開始
IDOM、DeNA「Anyca」、akippaが提携 中古車購入者・売却者に車や駐車場のシェアを提案
ヤマト運輸とDeNA、自動運転社会を見据えたプロジェクト「ロボネコヤマト」の対象エリアを拡大
神奈川県タクシー協会とDeNA、タクシー配車アプリに関する実証実験開始 AIを活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5