SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ビービットの「USERGRAM」で「状況ターゲティング」可能に ユーザー単位の時系列データ分析を強化

 ビービットが提供するUSERGRAM(ユーザグラム)で「シーケンス分析」が可能になった。シーケンス分析とは、個別の行動データの集計に留まらない、ユーザ単位の時系列データ(シーケンスデータ)を加味した分析であり、ビービットが提唱する「状況ターゲティング」によるUX改善施策の重要なプロセスとなる。

USERGRAMのユーザ行動詳細画面

USERGRAMのユーザ行動詳細画面

 ビービットは社会のデジタライゼーションが高度に進んだ「アフターデジタル」時代においては、行動データの取得・活用によって顧客の「状況」を捉えること、すなわち「状況ターゲティング」による打ち手を実行して、常にUXを改善することが重要だと主張している。

 さらに、状況ターゲティングを行うためには、個別のデータをただ組み合わせるだけではなく、データを順序のある連続的なものとして捉え、さらに時間の概念も加味して分析することが必要だとしている。

状況ターゲティングのイメージ
状況ターゲティングのイメージ

 このような考え方を前提に、閲覧時間や行動間の経過日数といった個々のユーザ行動の時系列データ(シーケンスデータ)を加味することで、行動の緩急や特徴を浮き彫りにし、ユーザの状況を推察する分析手法が「シーケンス分析」となる。

シーケンス分析のイメージ

シーケンス分析のイメージ

 今回のプロダクトアップデートでは、「シーケンス分析」を行いやすくするために、検索機能の強化、ホーム画面の実装、ヘッダエリアにおけるユーザ検索および行動絞り込み機能の実装、ユーザ行動概要のシームレス表示といった改善がなされた。

USERGRAMのホーム画面

USERGRAMのホーム画面

USERGRAMの絞り込み条件設定ウインドウ

USERGRAMの絞り込み条件設定ウインドウ

【関連記事】
ビービットの「USERGRAM」と「Arm Treasure Data eCDP」がデータ連携を開始
ビービット、「USERGRAM」に2つの新機能を追加へ AI活用などで効果的なユーザ分析を実現
ビービットとクアルトリクスがパートナーシップを締結 UX改善におけるデータ活用サイクルの高速化へ
デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」がページの貢献度判定とボリューム分析機能を追加
「ユーザグラム」がディスカッション機能を実装 施策の効果共有やチーム内での議論が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/07/03 13:26 https://markezine.jp/article/detail/31468

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング